中古ドメイン販売業者のいろは

中古ドメイン販売でドメインを買う時のコツってどんなことが必要なのか気になるところです。最初からサイトを運営していくよりも中古ドメイン販売から質のよいドメインを購入して育てる方がSEO効果も高いようです。

中古ドメインはping応答を確認して存在確認しよう

存在確認とは中古ドメインがグーグルの検索エンジンに引っかかっているか確認する作業のことです。ドメインによってはバックリンクの質やアンカーテキストの影響により、グーグルからペナルティを受け、検索にかからないことがあるためこのような確認作業を行っています。
またグーグルだけではなくYahooやping応答があるかも確認した方が良いでしょう。サイトをアップロードしてから3-5日ほど経過しても、検索エンジンにかからないときにはペナルティを受けている可能性があります。そのようなドメインでいくらサイトを強化しても上位表示することはありません。そこで掲載したコンテンツをそのまま乗せればコピーコンテンツ扱いになるので、さらに注意が必要です。
中古ドメインは上位表示までにスピードが速く、過去のバックリンクを引き継げるというメリットがあります。その一方でこのようなリスクを含んでいるというわけですね。上手に活用すれば、非常に便利なアイテムですが、裏側にはそのようなリスクを兼ね揃えていることも頭に入れておきましょう。
中古ドメインの存在確認が取れない場合はバックリンクサイトとしての効果もないので、過去のリンクを外す・ペナルティの理由を確認し運用方法を変えるなどの作業が必要です。このような対処をすれば検索エンジンに表示される可能性もありますが、手間を考えると新しくサイトを作った方が良いでしょう。
中古ドメインは今でもSEO効果があるとして、非常に人気のあるアイテムです。その一方でページランクの効果がなくなったことから良いドメイン・悪いドメインを見極める力が求められるようになりました。上手に運用して、強いサイト作りに活かしてくださいね。